胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えてタバコを飲む事・アルコール類・体重過多等のライフスタイルの悪化、ストレス等によって、最近、日本人に増えつつある病気なのです。

食事中は、食べたい物をなんとなく口へ運んで20回前後噛んで嚥下するだけだが、そのあと身体は本当に健気に働いて異物を身体に取り入れるように励んでいるのだ。
脚気の症状としては、主に両手両足がジンジンと痺れるような感覚があったり下肢の著しいむくみなどが一般的で、病状が進むと、重症の場合、呼吸困難に陥る心不全などを発症する可能性があるとのことです。

心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の中が狭くなってしまい、血液の流れが止まって、大切な酸素や栄養が心筋まで送られず、筋繊維が死ぬ深刻な病気です。

急性中耳炎は、最も多い中耳炎で比較的子どもによくみられます。

猛烈な耳痛や38度台の発熱、鼓膜の腫れや炎症、耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状が現れます。

食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、肉体的なストレス、高齢化といった多様な因子が集合すると、インスリン分泌が鈍くなったり、働きが悪くなったりして日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病を発病することになります。

春と秋に患者が増える花粉症とは、山林のスギや檜、松、ブタクサなどの様々な植物の花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気として日本人に定着しています。

軽傷の捻挫だろうと決め込んで、湿布をして包帯やテーピングで一応患部を固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を施した後ただちに整形外科の医師に診察してもらうことが、早く根治させる近道となるのです。

杉花粉症などの緒症状(鼻水、鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜しっかり睡眠を取れないと、それが因子になって睡眠不足の状態に陥り、翌朝目覚めてからのすべての活動に悪影響を与えることもあります。

スマホ使用時の光のちらつきを和らげる専用メガネが現在人気を集めるのは、疲れ目のケアにたくさんの方々が惹かれているからでしょう。
アルコールを無毒化するという作用のあるナイアシンは、辛い二日酔いに極めて有効です。

辛い宿酔の大元だといわれているエタナール(アセトアルデヒド)という物質の無毒化に関係しているのです。

悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、元来、ヒトをがんから護る働きをする物質を製造するための型である遺伝子の異常により起こるとのことですもう歯の表面を保護しているエナメル質を減らすまでに拡がってしまった歯周病は、多分病状そのものが落ち着くことはあっても、エナメル質が元通りに復元されることはないでしょう。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、人体に有害なUV-Aの異常な浴び過ぎが皮膚にトラブルをもたらす可能性が高いとして、19歳未満の人がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用する行為の禁止を先進国に勧めています。

塩分や脂肪分の摂取過多はやめて軽い運動を心がけるだけでなく、ストレスの少ないような毎日を続けることが狭心症を招く動脈硬化を未然に防ぐポイントだといえます。